読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球少年の身長アップとサプリの口コミと評判

中学、高校の野球少年にとって身長と身長アップはとずいぶん気になることだと思います!サプリ、食生活など身長を伸ばす情報を集めてみました!

野球をしている中学生の身長の伸びはどのくらい?

野球少年の身長アップ情報

野球をやっている中学生の身長はどの程度なのでしょうか?この世代は成長が早いケースと遅いケースで極端に分かれる傾向もあり、試合や練習風景を見ても同じ中学生とは思えないほどの身長・体格差が見られることもあります。

 

そのためまだ身長が低い中学生はどうしてもプレイの上で不利を感じたり、自分はこれから身長が伸びるのだろうかと不安になってしまったりすることが多いようです。

 

中学生の平均身長は男子で165センチ程度です。野球をやる上でのこれぐらいの身長があると不利をあまり感じずにプレイすることができます。高校生になってからの「伸び代」を考えてもこれぐらいの身長が理想といえるでしょう。

 

ただ、中学校生活の3年間で大きく成長するケースも少なくありません。そのためこの平均はあまりあてにならないといってもよいでしょう。1年生の時には背が低く小柄な部類に入っていた子が3年間で劇的に成長して堂々とした体格になることも少なくありません。

 

逆に入学当時は大柄だった子が成長が早く止まって卒業の時には平均よりもやや高いくらいになることも。

f:id:baseball-birthday:20150619000518j:plain

身長の伸び悩みは気にしなくても大丈夫

ですから、身長が低い子はあまり気にやまずに野球に励んでいくことが大事です。大事なのは成長の余地を阻害しないこと。無理に負荷をかけるトレーニングや偏った食生活といった生活面で成長を邪魔してしまうような環境を避けることです。

 

 

世間ではいろいろな身長を伸ばす方法が知られていますが、それらは基本的に成長がある程度止まった20歳以降に適したものです。中学生の場合はまだ十分に成長の余地があるため、そうした方法にとらわれることなくあくまで自然な成長を促す生活習慣を心がけることが何よりも重要です。

 

 

身長が低いためにプレイの際に不利を感じ、苛立つことも多いでしょう。しかし野球は身長だけで行うものではありません。これから成長することを考え、まず基本的な技術や体力を身につけるようにしましょう。とくに体力・筋力が不足していると野球肩や野球肘といったトラブルに見舞われやすくなりますから注意したいところです。