読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球少年の身長アップとサプリの口コミと評判

中学、高校の野球少年にとって身長と身長アップはとずいぶん気になることだと思います!サプリ、食生活など身長を伸ばす情報を集めてみました!

野球少年の中学生の身長差はとても大きい

少年野球もプロ野球も基本的な同じルール、同じ環境でプレイすることになります。もちろんボール(軟式/硬式)や球場の大きさなどの違いはありますが、マウンドからバッターまでの距離や塁間の距離といった点はすべて共通しています。となると大人の体格と子供の体格ではプレイ環境に大きな差が出てきますし、身長差で有利不利が出てくることになります。

中学生は身長、体重差が大きい

中学生の野球少年ではこの点が大きな問題になることも少なくありません。中学生は成長期である一方、成長のペースに個人差がはっきりと分かれる傾向があるため、大きい子は170センチを超えることも少なくない一方、小さい子は150センチに達するかどうかというケースも少なくないのです。

 

20センチもの身長差がある選手が同じ環境でプレイするわけですから、当然有利不利に差が出てきます。

f:id:baseball-birthday:20150624231854j:plain

 

中学生の平均身長は14歳で165センチ程度。これぐらいの身長があれば野球少年として有利不利をあまり感じることなくプレイできるといってもよいわけですが、これよりも低いとさまざまな面で不利が出てきます。

ポジションに制約が出ることも。。。。

身長が低いとまずピッチャーになるチャンスが少なくなります。また一塁手もベースに足をつけたまま広い範囲の送球をキャッチする必要があることから身長が高い子が歓迎されます。こうしたポジションは170センチ以上の子が選ばれるケースが多いのが実際のところです。

 

このように、中学生は身長によってポジションやレギュラーが決められてしまうことがあります。もっと言えば成長の早さによってプレイする環境が決まってしまう面があるわけです。身長が低いというだけでなりたいポジションにつけない、レギュラーになれないでは野球を続ける意欲が削がれてしまうのも仕方がないところでしょう。

 

その点をカバーするのも監督やコーチの役割ですが、同時に親御さんが日々の生活の中で成長を促すサポートをしてあげることも大事です。これは体の成長だけでなく心のケア、成長にも深く関わってくるポイントとなるだけに野球少年のお子さんを持つ大人はしっかり踏まえておきたいところです。