読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球少年の身長アップとサプリの口コミと評判

中学、高校の野球少年にとって身長と身長アップはとずいぶん気になることだと思います!サプリ、食生活など身長を伸ばす情報を集めてみました!

身長を伸ばすには睡眠時間だけでなく睡眠の質が大事!

f:id:baseball-birthday:20160127094854j:plain


野球などのスポーツをしていると、やはり身長を少しでも伸ばしたいと思うものです。

 

野球のポジションによっては身長のわずかな違いがプレーに大きな影響を与えることもあります。

 

体づくりをするためには、毎日の練習やトレーニングはもちろん大切ですが、睡眠時間も実はとても重要で、毎日しっかり体と脳を休ませる時間を確保している子は身長が伸びやすいと言われています。

 

私達人間の体は、眠っている間に新陳代謝が行われます。体の疲れや脳の疲れ、ストレスなどもこの新陳代謝によってスッキリと修復されたりリセットされたりするわけですが、子供の場合には成長ホルモンがとても活発に分泌されるため、毎日しっかり眠ることによってその子が分泌できる成長ホルモン量をマックスにして身長アップにつながります。

 

 

同じ子供でも、睡眠時間が短ければ身長が思うように伸びないということは珍しくありませんし、しっかり眠る子は自分自身のDNAが許す限り背も伸びてくれるものです。

 

特に、野球などのスポーツをしている子は、練習などで体が疲れていますから、翌日シャキッと目覚めて一日をはじめられるためにも、夜はできるだけ早めの時間に就寝することが大切です。

 

その中で、睡眠の質はとても大切!!

 

眠っている間には、深い眠りを感じている時と浅い眠りの時の周期があります。

 

身体は寝ていても脳が起きているレム睡眠(Rapid Eye Movemen)と 脳が完全に休息している状態のノンレム睡眠(Non-Rapid Eye Movement) です。ほぼ90分おきに4~5回でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しますのですが、それにも約4段階の深さがあり、ノンレム睡眠が深いほうが良いといわれています。

 

 眠りを深くするにはどうすればよいのでしょうか

 

 1.規則正しい生活をする

決まった時間に起床、就寝をすることによって、睡眠に関係するホルモンであるメラトニンの分泌の安定して、上記の、レム睡眠ノンレム睡眠が規則正しくあらわれることになります。

 

2.就寝時は暗くして寝る。

 

寝るときは必ず暗くすることにより、メラトニンの分泌が良くなり、深い眠りに入ることが出来るようになります。周りが明るい時は、アイマスクなどして目から入る光をカットしてください。

 

3、寝る前は食事はしない。

みなさん、体験的に理解できると思いますが、寝る直前にものを食べると、睡眠が浅くなりますね!

 

4.パソコン、スマホなどを使用しない。

これらの、ディスプレーからでるブルーの光は、刺激が大きく、身体を興奮させ睡眠障害を起こす可能性があります。

ゲーム機などからも出ているので、身長を伸ばしたい期間は、就寝1時間前からテレビなどもなるべく見ないようにしましよう!

 

5.ストレッチ、軽い運動をする

運動ではなく、ストレッチ、軽い体操などで十分です、ストレッチは血行を促進して体温の調整、筋肉のこり、張りを少なくして、睡眠の質を高めます。あまり、筋肉に負担をかけるような筋力トレーニングは逆に興奮してしまうので避けてください。

6.入浴をする

ぬるま湯での入浴は、上記のストレッチと組み合わせればより良い睡眠睡眠をとれるようになりますその時、気を付けることは~40度程度までのあまり熱くないお湯で入浴してください。

7.適温で就寝する

夏場なら28度前後、冬でした18~20度程度の室温にしての就寝がベストですが、多分冬などはもう少し、低い室温で寝ることもあると思いますが、体を締め付けないパジャマ、スウェット等で防寒をして寝てください。

f:id:baseball-birthday:20160127095453j:plain

8.就寝前の飲み物は?

飲んでほしいモノ: ホットミルク

見る気の中には人間に必須なアミノ酸 「トリプトファン」が多く、トリプトファンは脳内ホルモンである「セロトニン」を作り出します。 セロトニンは「幸せのホルモン」とも言われリラックス効果があるのと、睡眠ホルモンであるメラトニンの材料にもなります。

また、体を内側から温めて寝るのはとても良いですし、同時に良質なタンパク質、カルシウムが摂ることが出来ますので、ホットミルクは身長アップに必須の飲み物です!

避けたいもの: コーヒー、紅茶、お茶、コーラ等(カフェインが入っているもの)

カフェインには、興奮作用、利尿作用などがあり、またカフェインの効果は比較的長く持続するので、眠れなくなったり、夜間のトイレが近くなりレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを妨害します