読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球少年の身長アップとサプリの口コミと評判

中学、高校の野球少年にとって身長と身長アップはとずいぶん気になることだと思います!サプリ、食生活など身長を伸ばす情報を集めてみました!

野球少年に忘れて欲しくない身長伸ばす3大要素は?

f:id:baseball-birthday:20160227173620j:plain


野球などのスポーツをしていると、特にピッチャーなどは身長が高くなりたいと切に願ったり、身長、体重ともに増やしてパワーを付けるためにはどのようにしたら背が伸びるのかを真剣に考るものです。

 

幼稚園児から小学生、中学生にかけてはは成長ホルモンが分泌されているので、4歳ぐらいから思春期にかけて平均すると男女ともに毎年5センチから6センチぐらいは身長が伸びて聞きます。

 

しかし思春期にあるとどこまで背が伸びてくれるのかは沢山の要素によって決まるため、思った以上に背が伸びてくれて身体も大きくなる人もいれば、思うほど背が伸びずに歯がゆい思いをする人もいるわけです。

 

遺伝的な要素はもちろんあって、親が高身長なら子供も背が高くなりやすくなりますがその割合は25%ほどしかないといわれています。

 

しかし、後天的な要素もどこまで背が伸びるかと大きな関係があります。大きく分類すると、運動栄養、そして睡眠時間なのですが、野球をしている子供たちにとっては中学生になり運動量も上がり、3つが同時に実現される時間が短くなってきますので、親御さんは小さなころからこの3つを習慣が実現するように、気を配ることが出来れば、子供が持っている身長の可能性を最大限に引き出すことが可能となります。

まず、「運動」は、特定のスポーツをすれば背が伸びるというわけではなく、運動をして筋肉に負荷を与えることによって成長ホルモンの分泌を活性化させたり、体を動かして疲れることで夜の睡眠の質を上げることが出来ます、眠っている間に成長ホルモンをたっぷり分泌できるため、と考えてください。

ジャンプをするバレーボールやバスケットボールをすれば背が伸びることはありませんが、そのような動きが筋肉にちょうどよい負荷を与え、骨端線を刺激する作用はあると思われます。

f:id:baseball-birthday:20160227173102j:plain

現代人に最も大切な睡眠!

 

「睡眠時間」も大切な要素です。眠ることによって成長ホルモンが分泌されますから、毎日たっぷり眠る時間は確保しましょう。しかし時間だけではなく、夜10時~朝2時にかけては、成長ホルモンが最も分泌される時間ですので、その時間はぐっする寝られるようにしてください。

勿論、寝る直前までディスプレーを見ているのは脳に余計な刺激が入りますので、就寝1時間前までにスマホ、PCは終わらせましょう!

 

「栄養」ですが、身長を伸ばすためにはカルシウムなどのミネラル成分はもちろん必要ですが、カルシウムは骨の密度を高める作用があるので、強い骨を作ることができます。

 

しかし、背を伸ばすという点ではカルシウムはそれほど大切な役割をしているわけではなく、それ以上に大切なのはタンパク質やそれ以外のアミノ酸と言われていますが、小学生の場合は単一のアミノ酸等が大量に入っているものより、バランスのとれた物のが良いと思います。

成長サポート >