読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球少年の身長アップとサプリの口コミと評判

中学、高校の野球少年にとって身長と身長アップはとずいぶん気になることだと思います!サプリ、食生活など身長を伸ばす情報を集めてみました!

中学野球で身長が低い不利について

野球少年の身長アップ情報

野球選手の理想的な身長はどれぐらいなのでしょうか。プロ野球選手を見るとやはり180センチを超えているような大柄な選手が大半を占めています。入団テストを行う際には身長175センチ以上という条件を設けているところもあります。実際にはプロの選手にも160センチ台の人もいますが、その数は限られています。

 

野球で身長が低いとどのような不利があるのでしょうか。まずピッチャーになれるチャンスが少なくなります。打者にとってそのピッチャーがどれだけ打ちづらいかはボールをリリースする高さが大きく左右します。つまり身長が高くで高い位置から投げ下ろされた方が打ちづらいということになります。

 

もちろんサイドスローアンダースローといった例外もありますが、背が高い方が間違いなく有利です。またボールにスピードや変化を付ける際には腕が長い方が有利という面もあります。

 

野手の場合は高いライナーやバウンドを処理しにくい点が大きな不利となります。ファーストの場合はベースに足を付けたまま送球を受け取れる範囲にも深く関わってきます。バッターとしてはストライクゾーンが狭くなってピッチャーが投げづらいといった有利な面もありますが、パワー不足などのデメリットがどうしてもつきまといます。

 

身長アップは周囲のサポートも必要

問題なのはせっかく才能があるにも関わらず中学生の段階で身長が低く結果を出せないために挫折してしまうケースも起こりうることです。いくら才能があっても結果を出せなければやる気を失ってしまいますし、自分の方がうまいはずなのに身長が高いライバルに負けてしまうのでは不満も募ります。

f:id:baseball-birthday:20150623120858j:plain

 

ですから「まだ中学生なのだから慌てないで体が大きくなるのを待てばいい」とのんびりと構えているわけにはいかないのです。周囲の大人は子供の不満や挫折感といった面にも配慮したうえで成長を促すサポートをしてあげなければなりません。

 

こうした不利を改めて見れば身長を伸ばすサポートも中学生の野球少年を伸ばす大事なポイントとなることがわかるはずです。周囲の大人、とくに親御さんは日々の生活の中でいろいろと気を配ってあげましょう。